リスティング広告運用をゼロから解説!すぐに成果をだせる運用のコツ5選

Contents

リスティング広告の運用とは

リスティング広告の運用

リスティング広告は、特定のキーワードで検索された際、キーワードに連動して表示される広告です。キーワードと連動しているため、ターゲットを絞った広告の出稿や即効性のある集客が可能です。

リスティング広告は、広告となるため費用がかかり、しっかりと運用を行えば費用に見合った十分な成果に期待できます。

また、データの蓄積によって広告の改善や効果測定が行えるため、広告自体の戦略の最適化だけでなく、サービス自体のマーケティングにも役立ちます。

リスティング広告の運用方法には、代理店に依頼する方法自社で運用する方法の2つがあります。

代理店に依頼する場合は、専門知識を持ったプロに運用を任せることができ、効果的な運用に期待できます。

一方、自社で運用する場合は、自社で分析等を行う必要がありますが、サービスや商品についての豊富な知識を活かした運用ができるなど、それぞれに特徴があるので、自社にあった方法を選択することが大切です。

SEO対策との違い

リスティング広告とSEO対策は、共にサイトにユーザーを誘導する施策ですが、全く異なるアプローチ方法となります。

SEO対策は、自然検索での上位表示を目指すために、ブログを書いたり、キーワードをサイト内に埋め込むといった対策を行います。

一方、リスティング広告の運用は、広告スペースを購入することで、指定したキーワードで検索したユーザーに対して広告をすぐに表示することができます。

上記の様な違いにより、リスティング広告の運用は、広告費をかければ集客効果をすぐに得られる点がSEO対策との大きな違いです。

SEO対策では、検索順位をあげるために時間がかかったり、場合によっては上位表示出来ない場合もありますが、リスティング広告は確実にユーザーに広告を届けることができます。

また、リスティング広告では、広告の出稿を特定のターゲットやキーワードに絞ることができます。キーワードや地域、デバイスなどの条件を設定することで、より効果的な広告出稿が可能です。

リスティング広告運用のメリット・デメリット

リスティング広告の運用には、すぐに効果が出せる分、費用がかかるなど、様々なメリットとデメリットがあります。ここからは、メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

リスティング広告運用のメリットとは?すぐに集客できる?

リスティング広告運用には、いくつかのメリットがあります。

  • 少額から試せる
  • すぐに集客できる
  • ターゲットを絞って出稿することができる

それぞれ詳しく説明していきます。

少額から試すことができる

リスティング広告の魅力の一つは、少額の予算でも試すことができる点です。

CMや新聞など、従来の広告媒体では高額な広告費が必要でしたが、リスティング広告では自社の予算に合わせて柔軟に、またターゲットを搾って広告を出稿することができます。

例えば、Google広告の場合は、1円からでもスタートが可能ですが、現実的に広告を表示させることを考えると最低でも月額1万円以上は予算を確保する必要があります。 

広告費にあまり予算をかけられないという場合でも、最小入札額や予算の設定が可能であり、予算の上限を設けることでコストをコントロールしながらの出稿が可能です。

また少額の予算で、リスクを最小限に抑えながら広告の効果を検証することも可能です。

そのため、まずは少額で検証し、費用対効果が高いキーワードに予算を配分する、男性、女性、地域といったセグメントごとに予算を割り振るといった、従来の広告では出来なかった効果的な広告出稿が可能です。

ただし、少額の予算での出稿では、十分な検証が出来ないことが多いです。また、単価が高い商品ですと広告費も高くなる傾向があるため、十分な検証を行える予算を確保した上で、出稿することをお勧めします。

即効性に期待できる

リスティング広告には即効性があります。

リスティング広告は、指定したキーワードで検索されることで確実に表示されるため、ユーザーに対して、すぐに自社のサービスへと誘導することができます。

また、キーワードを指定することで、購入意欲が高いユーザーに向けての出稿が可能であり、広告から直接販売サイトに誘導し、出稿してすぐにサービスが売れるといったことも珍しくありません。

アカウントの開設から出稿までの時間もほとんどかからないため、商品ページが用意できている場合は1日あればすぐに広告を出稿することも出来ます。

ターゲットを絞って出稿できる

リスティング広告運用では、ターゲットを絞って出稿することができます。検索キーワードの指定地域や言語デバイス興味関心などの要素を設定することで、特定のユーザーに対して広告を配信できます。

ターゲットを絞った広告出稿を行うことで、広告に関心のあるユーザーに的確に届くため、クリック率やコンバージョン率が向上し、予算を効果的に使えるため、広告の効果を最大限に引き出すことができます。

データを蓄積できる

リスティング広告運用では、様々なレポートによってデータを蓄積することができます。

Googleなどの広告プラットフォームでは、詳細なデータや統計情報が確認でき、広告の効果や成果を分析するための情報が提供されています。

具体的には、キーワードやユーザーごとのCTR(クリック率)やCVR(コンバージョン率)などの指標を分析し、広告の最適化や改善施策を行うことで、より高い成果を得ることができます。

リスティング広告運用のデメリット、注意点とは?

リスティング広告運用には、いくつかのデメリットもあります。

  • 運用の手間がかかる
  • 費用がかかる
  • 改善していかないと成果がでない
  • 検索を使っているユーザーにしかリーチできない

それぞれ詳しく説明していきます。

運用の手間がかかる

リスティング広告の運用には、広告のためのキーワード作成や、市場調査、競合分析、広告データの管理や改善が必要です。

広告出稿のための文章を考えたり、出稿したデータを分析し最適化したりといった作業には時間と労力がかかるため、それを十分に考慮する必要があります。

また、キーワードの選定や広告の作成、競合分析などは、継続的に行っていくことが必要です。

運用の手間を減らすためには、効率的なツールや自動化ソフトウェアを活用することが有効です。

例えば、広告の自動生成、データの可視化などの機能を備えたツールを導入する、また運用に携わる人材のスキルや知識も重要です。

リスティング広告の専門知識や分析能力を持ったマーケティング担当者や外部の広告代理店などと協力することで、運用の手間を減らし、広告の効果を向上させることができます。

費用がかかる

リスティング広告の運用には費用がかかります。

広告掲載やクリックごとの課金が行われるため、クリック数を予測し、予算を設定する必要があります。費用は広告の出稿範囲や表示頻度、競合他社との入札競争などによって異なります。

リスティング広告の費用を最適化するためには、効果的な入札戦略や広告予算の配分が必要です。

また、広告の効果を計測し、コンバージョン率や収益性などの指標に基づいて予算配分を最適化することも重要です。

改善していかないと成果がでない

リスティング広告を運用し、最大限の効果をあげるためには、定期的な改善が必要です。

初期の広告設定やキーワード選定だけでは十分な成果を上げることは難しいため、運用中にデータを分析し、効果的な改善策を見つけることが重要です。

改善点は、キーワードやターゲットごとのクリック率やコンバージョン率、競合分析など多岐に渡ります。また広告だけでなく、広告先のサイト自体のキャッチコピーやクリエイティブの改善も重要です。

様々な指標を分析したり、ABテストを行うなどの改善を行い、最適な設定を行いましょう。ただし、広告運用の経験がない場合は、これらの分析や改善自体を正しく行うことができず、また多くの時間を消費することになります。そのため、専門知識をもった代理店に依頼しているケースが多いです。

リスティング広告運用では、継続的に改善と最適化を行っていくことが最重要となります。

検索を使っているユーザーにしかリーチできない

リスティング広告は、検索エンジンを利用しているユーザーにしか表示させることが出来ません。

検索を利用していないユーザーやSNSで主に情報を得ているユーザー、出稿している検索エンジンを利用していないユーザーには、アプローチすることができません。

そのため、広告出稿前に自社のサービスがリスティング広告で出稿することが最適か考える必要があります。

リスティング方法の運用方法は主に2つ

リスティング方法の運用方法

リスティング広告の運用方法は、主に2つのアプローチがあります。

それは、運用を代理店に依頼する方法自社(インハウス)で運用する方法です。

どちらの方法を選ぶかは企業のニーズやリソースによって異なります。

運用を代理店に依頼する

リスティング広告の効果的な運用には、専門的な知識と経験が求められます。

そのため、広告に関して知識がない、分析などをする時間や運用のノウハウがない場合は、代理店に依頼することがお勧めです。

代理店に依頼することで以下の様なメリットがあります。

1. 専門知識と経験

広告代理店はリスティング広告に関する専門知識と経験を持っています。

適切なキーワード選定や広告クリエイティブの作成など、効果的な戦略の立案や運用をサポートしてくれます。

また、広告だけでなく、Web集客全般について知識や経験を持っている代理店も多くあり、相談することで、サービスを広めるために最適な方法を提案してもらうことができます。

2. 最新情報に基づいた運用

広告代理店は広告業界のトレンドや最新のアップデートに常にアンテナを張っています。ネット業界は移り変わりが激しく、すぐにトレンドが変わります。

自社で他の業務もこなしながら、広告運用を行っているという場合、最新のトレンドやアップデートまで情報を追っていくことはなかなか難しいです。

しかし、広告代理店は、リスティング広告のプラットフォームの変化やアルゴリズムのアップデート、市場の変化に敏感に対応し、最新情報を元に戦略を調整してくれます。

3. リソースの効率的な活用

代理店に依頼することで、企業内のマーケティングチームや担当者の負荷を軽減することができます。

代理店は専門的な作業を担当し、企業は他の重要な業務にリソースを集中させることができます。

代理店に依頼すると手数料がかかりますが、慣れない社内担当者が運用を行うことは、人件費がかかったり、費用対効果にみあった結果をだせないなど、かえって費用が掛かってしまう可能性があります。

自社(インハウス)で運用する

リスティング広告の出稿は、手順に沿って行えば自社で行うことも可能です。

また販売する商品やサービスについての知識については、自社の担当者の方が把握していることでしょう。

自社での運用には以下の様なメリットがあります。

1. 戦略に合わせた出稿

自社で運用することで、企業のブランドやビジョンを深く理解し、商品に合わせた戦略を立てることができます。キーワードや見出し文などの選定についても、社外の人間よりも深いレベルで行うことが出来るでしょう。

2. 柔軟な意思決定

自社のマーケティングチームや広告担当者が直接運用を担当することで、情報共有や意思決定プロセスがスムーズになり、市場の変化などに敏感に対応し運用を行っていくことができます。

3. 経費削減と長期的な成果

自社で運用を行うことで、代理店への運用費用や手数料を削減できます。

また、自社での経験と学習を通じてリスティング広告の運用スキルを向上させることで、長期的な成果を上げることができます。

ただし、効果的な運用をするには、継続して分析や改善をしっかりと行っていくことが必要です。

運用にかかる人件費や効果的な広告運用が出来るかを考えた際、代理店などに依頼した方がかえってコスト削減になる場合もあるので、十分な検討が必要です。

リスティング広告運用の流れ・始め方

リスティング広告運用の流れ・始め方

リスティング広告の一般的な出稿方法を解説します。プラットフォームによって違いはありますが、まずは広告の目的や予算を決め、アカウント作成、キーワードの指定や広告文の作成、審査をへて出稿という流れになります。

1.広告運用の目的や予算を決める

リスティング広告を効果的に運用するためには、まず広告運用の目的と予算を明確にする必要があります。

目的は、例えばブランドの認知度向上、売上の増加、問い合わせの促進などです。目標を具体的に設定し、達成可能な目標となるようにしましょう。

次に、予算を決めます。予算は広告活動の範囲や期間によって異なります。予算を設定する際には、広告の費用対効果や競合他社の広告費用を考慮することが重要です。

予算については、CPA(商品販売などコンバージョンにかかる費用)×目標コンバージョン数などから算出することが一般的です。広告運用の目的と予算を明確にすることで、適切なキャンペーンの設計や広告出稿の最適化が可能となります。

2. アカウント開設

広告を出稿するためには、リスティング広告プラットフォーム(例:Google Ads)にアカウントを作成する必要があります。個人情報や支払先など必要な情報を入力し、アカウント登録を行います。

3. キャンペーンを作成する

キャンペーンは広告の大枠となります。例えば、新商品販売キャンペーンを作成し、その中に商品ごとのグループを作るといった形で広告の運用を行います。キャンペーンの設定には、広告の配信範囲、予算の設定、広告の表示形式などが含まれます。

4. グループを作成する

キャンペーン内で広告のグループを作成します。グループはテーマやターゲットに基づいて広告をグループ分けするために使用されます。各グループには、共通のキーワードや広告文を設定します。

5. 広告を作成する

グループごとに広告を作成します。各グループに応じて、効果的な広告文や見出しを作成、リンク先の設定などを行いましょう。

6. 広告を出稿する

作成した広告をリスティング広告プラットフォームに出稿します。

なお、多くの場合は広告の出稿に審査がありますが、審査が完了したらすぐに広告は出稿が開始されます。出稿前にプレビューを確認し、意図した通りの広告文になっているかを確認し公開しましょう。

また、出稿にあたり、サービスサイトでのコンバージョンなど必要なデータを計測できるようにしておきましょう。広告は出稿して終わりではなく、出稿後の改善を重ねていくことが大切です。

成果をあげるためのチェックポイント5選

リスティング広告を運用し成果をあげるためには、しっかりとポイントを抑えた運用を行っていく必要があります。ここでは、効果を上げるために欠かせない5つのポイントをお伝えします。

1. レポートを活用し分析する

広告の成果を把握するために定期的にレポートを確認しましょう。

広告プラットフォームには、様々なレポートが用意されています。クリック数クリック率コンバージョン数などのデータを分析し、広告の改善点を把握しましょう。

2. ABテストを行う

広告の効果を最大化していくためには、テストが不可欠です。

見出しや広告文、ターゲットなどを変えた広告を出稿し、ABテストを行っていくことで、より費用対効果の高い施策を見つけることができます。

3. 入札単価を調整する

コンバージョン率が高くても、それを上回る費用が掛かっていては、赤字になってしまいます。

広告費用と売り上げを比較し、必要に応じて入札単価を調整しましょう。収益性の高いキーワードに重点的に予算を割り当てるなどの工夫を行うことで、効果的な広告表示を実現できます。

4. LPOを行う

LPOとはランディングページを最適化することを指します。

広告の効果を最大限にあげるためには、広告自体に加えて、クリック後のランディングページの最適化も欠かせません。

ユーザーがどういった広告文やキーワードを経由してサイトに流入しているのかなどを分析し、広告から訪れるユーザーに合わせて、LPO(ランディングページ最適化)を実施しましょう。

5. 影響が大きい数字から調整する

レポートやデータ分析を行う時は、まず影響が大きい数字に注目します。

極端にクリック率が低いキーワードやコンバージョン率が高いキーワードなど、成果に直結する要素を重点的に改善していきましょう。

広告運用にかかる費用は?

広告運用にかかる費用

リスティング広告の運用には、一定の費用がかかります。

一般的に、リスティング広告はクリックされた場合に、広告費が発生します。

また代理店に運用を頼んだ場合はその手数料がかかります。手数料は一般的には運用額の20%程度が相場となっています。

ただし、予算は上限を決めて運用が出来るので、しっかりと収益計画をたてることで、予算内で出稿のコントロールが可能です。

また、自社で運用している場合は手数料はかかりませんが、広告文を考えたり、広告の改善等にかかる担当者の人件費も考える必要があります。

リスティング広告の運用に適したサービスは?

リスティング広告は、指定されたキーワードで検索したユーザーに対して広告を表示するという特徴があります。

そのため、この特徴に合わせたサービスでなければ十分に効果を発揮することができません。また、リスティング広告は、そもそも検索されなければ表示されないため、商品の認知にはあまり向きません。

そのため、広告の目的やサービスをよく考え、出稿の判断をする必要があります。

具体的には、以下のようなサービスがリスティング広告に向いています。

  • リスティング広告の広告費を回収できる比較的高単価な商品やサービス
  • リピート購入が期待できる商品やサービス
  • ターゲットが絞られており、検索意図がはっきりしている商品やサービス

リスティング広告は、商品が購入されなくても、広告をクリックされた時点で費用が発生するため、ある程度広告費を吸収でき、利益が確保できる商品であることが必要です。

半面、キーワードや性別、年代でターゲットを指定出来るため、健康食品など、ユーザの悩みやニーズの検索意図がはっきりしている商品やサービスはリスティング広告と相性がいいといえます。

また、一度での購入では利益が低い商品でも、リピートが期待できる商品であれば、リスティング広告によって初期ユーザーを獲得し、利益を上げることも可能です。

他の広告との違いは?

広告には、ディスプレイ広告、動画広告、SNS広告など様々な種類がありますが、リスティング広告は即効性がある、また、指定したキーワードに連動して表示されるため、ターゲットを絞り込みやすい、クリック課金型のため検索意図を持ったユーザーにリーチしやすいといった特徴があります。

動画広告などと違い、表示されるだけでは費用はかからないため、予算もコントロールしやすいです。

半面、検索をしたユーザーにだけ表示されるため、SNSしか使わないというユーザーにはリーチしずらい、また指定したキーワードで検索してもらわないと表示されないため、認知には向かないという特徴があります。

広告効果を最大化するためには、会社の戦略と合わせて、最適な広告を選択する必要があります。

自社サービスに合った広告が分からないという方は、広告代理店に相談していただくことをお勧めします。代理店は多くの商品やサービスを取り扱ってきたノウハウがありますので、最適な広告プランを提案してくれます。